魚を意味する2通りの韓国語

日本では韓国料理というと焼肉のイメージが強い人が多いことから、日常的に魚よりも肉を多く賞味しているといった印象を抱きがちです。確かに、美味しい肉料理の種類が多い国ですが、三方、海に囲まれている国土ということもあって、日本同様、日ごろから海鮮グルメに親しんでいる国でもあります。韓流ドラマ好きの人にとっては、恋人同士が語らうロマンチックな海岸のシーンで、主人公たちの背後に大量のイカやタコが干してあったり、日常的にタラ汁という美味しそうな干しタラのスープを賞味しているシーンを目にしていることから、同じ海鮮食材に親しむ国民性になじみ深い感情を抱くようになります。日本人にも好まれているキムチも、小さなエビであるアミの塩辛の種類で味が決まるだけに、魚に限らず、海産物全般が食にとって重要であることは間違いありません。
韓国語では、魚を意味する言葉にはポピュラーなもので2種類あり、「魚類」といった感じで海の生物としての魚を指す場合には「ムルコギ」、「鮮魚」といった意味合いで食材として指すときには「センソン」と呼びます。韓国語と日本語は、漢字の熟語の発音が似ているケースが多く、ドラマでよく出て来る「約束」という言葉など、ほとんど同じ「ヤクソク」という発音で、日本人が聞いてすぐわかる言葉の一つになっています。「センソン」も、漢字で書きあらわすと「生鮮」になるとのことで、日本語での「セイセン」とそっくりなことがわかります。食材としての新鮮な魚を表現する言葉は同じでも、韓国料理と日本料理は味付けがかなり違い、日本よりも冬の寒さが厳しい韓国では、熱々の鍋料理や辛味の強い煮込みの海鮮料理が目立ちます。シンプルな焼き魚も家庭料理として好まれており、サバやサンマ、サワラなど、日本の食卓でもおなじみの種類が賞味されています。
バラエティ番組の世界の臭い食べ物紹介コーナーなどを通じて日本でも有名になったホンオフェという、エイを発酵させて作られた韓国の伝統食品がありますが、名高いシュールストレミングに次いで、世界第2位を誇る臭い食べ物ということで、どんな臭いか興味を抱く人も増えています。日本のクサヤよりもはるかに強い臭気があるとされ、韓国の人々としては、あまり海外に知られて欲しくない食材の一つとも言われています。多くの日本人が名称を知っていてもクサヤの実態を知る人が減っているのと同様、話には聞いているものの、実際にホンオフェの臭いを嗅いだり、賞味している人は、韓国でも少ないのが実情となっています。
こちらもあわせて読みたいですね「仕入れる前に読んで!わかりにくい海苔の種類と簡単レシピ2選