魚へんの漢字が示す旬の味わい

魚の名称には、それぞれ魚へんの漢字があり、中には、日ごろ見たことのない特異な文字となっているものもあって、クイズの問題としてもポピュラーになっています。よく見かける魚の漢字は、食用としても日常的になじみ深い種類で、マグロの鮪や、タイの鯛、アジの鯵、カツオの鰹、サケの鮭など、フリガナがなくても読めるものが多くなっています。中には、鯆のイルカのように、親しみやすい種類でありながら漢字のほうはあまり知られていないものもあります。イルカには海豚という漢字もあるため、魚へんの字のほうは使われる機会が少ないとも言えますが、生物の種類を考えた場合、イルカは魚ではなく動物ですので、漢字のほうも魚へんではない海豚のほうが正確な表現に近いとも言えます。
別の種類の生物に魚へんの漢字が当てられているものには、ほかにアワビの鮑、アサリの鯏があります。どちらも貝類ですが、食材になる海の生き物ということで、料理の品目が書かれた古書などに記載されたと考えられます。中国の文献で使われていた文字がそのまま日本でも使われるようになったケースと、日本で作り出された国字と呼ばれる種類もあり、見るからに当て字風に見える種類があるのも、そういった文字の成り立ちの違いが背景にあります。食用として重宝されている同じ海の生き物でも、タコの蛸やエビの蝦のように虫へんが使われている場合もあり、アサリも浅蜊という別の表記を持っています。タコもエビも、それぞれ鮹と鰕という字も持っており、エビに至っては海老と表記されることもあるため、海の世界では、かなりフリーダムな文字表現がされています。
ブリの鰤は、師の部分が師走から由来しており、ちょうど旧暦の12月頃に脂がのって美味しくなるから付けられたと言います。季節感があらわれているものには、ほかに文字通りといった風情のサワラの鰆や、タラの鱈があります。アジの鯵も、実は季節に縁がある文字で、参は数字の三をあらわし、3月頃から味の良さが増すことから付けられています。アジは干物となった状態でも絶品ですので、旬はそれほどクローズアップされない印象ですが、文字で主張し続けていたことになります。業務用ぶりの仕入れ・卸売・通販は食らぶ市場へ行くのが良いですね。美味しいアジは卸ショップなどでまとめ買いで購入し、冷凍庫にストックして賞味し続けたいものがありますが、業務用のあじを通販で仕入れる際の注意点としては、ネットショップに掲載されている写真では鮮度の見分けが難しいという点あります。鮮度の良さの証であるエラの赤さなど、自分でめくって点検できないぶん、信頼できるショップ選びが重要となります。