魚料理で缶詰めを使う有利な点

魚のさばの缶詰めは決して非常用の食料ではありません。日常の料理の食材として積極的に利用できます。また、少し前にダイエット効果も注目されて人気のある食材です。脂質をしっかりと含んだタンパク質豊かな食品で、エネルギーが決して低いわけではありません。また、さば缶は中性脂肪値改善にも強い味方となってくれます。安価で入手できますし、また缶詰めなら常備しておくこともできます。手軽に買い揃えておくことができるところもいいです。ただし業務用のさばを通販で仕入れる際の注意点があります。さばなどの魚には体に良いとされている、EPAやDHAが取れる点はいいところですが、しかしこれらは酸化されやすいという性質を持っている点で注意が必要となります。酸化された脂質は逆に体に悪影響をもたらすのです。体に良いと思って摂取していたら、悪影響を及ぼす過酸化脂質を取っていたということになったら逆効果です。缶詰めは加工後に完全密閉されていますから酸素と遮断されています。そのため酸化しにくいといえますから、大量の魚やさばを仕入れる際、缶詰めを選択することは、その点でも有利になるはずです。

さば缶はメーカー各社から発売されていて、選ぶのに迷うほど多くあります。さばの定番料理である味噌煮のものもありますから、調理の時間をかけたくない、すぐに食べたいという方は利用するのもいいですね。ただし味噌煮は塩分が多めですから、ときには水煮のものを利用することをおすすめします。この水煮缶は、いつも作っている料理のツナ缶をそっくりチェンジしてやっても違和感がありません。それだけでなく、さばの固まりが結構入っていますからおかずのボリュームを出したり、主役の食材としても活躍してくれると思います。また水煮缶は余分な味付けがなされていませんから、後でさまざまな味付けができます。定番のしょうゆ味にもできますし、カレー粉をふってスパイシー風味にもできます。レモンのたれでもさっぱり風味でも美味しくいただけそうです。

さば缶を使って料理をするのであれば、調理のときに油分は控えめにしたいところです。さばそのものにも脂質が十分含まれていますから、決して物足りなさは感じないはずです。缶詰めは基本的にすでに火が通っていますから、そのまま食べることができますですから、煮込み料理の際にも、少しの加熱時間で調理ができます。また野菜などと合わせるときでも火を通す時間を短くできますので、ビタミン類の損失も少なくすることができる便利なところがあります。生のさばだと取り去ってしまう骨も、さば缶では柔らかくなるほど加工してあります。日頃不足しがちなカルシウムを取ることにも、さば缶は大いに活躍してくれます。
こちらも読みたい⇒仕入れて便利お客様楽々!骨を気にせず食べられるさんまの開き4選