カレーにぴったりな魚とは

カレーは日本人の国民食と呼べるほど、多くの家庭においてカレーが食されています。カレーのメインとなる具材としては、ポーク、チキン、ビーフなどがあり、それと同じところに魚介系が登場します。魚介系のうまみがカレーに溶け出し、それがおいしいという人もいるほどです。イメージするところでは、イカやエビなどがあり、以前はサバなども人気でした。ただ、近年注目されている魚はそれではありません。実はさんまがカレーにぴったりな魚であると言われています。元々、南インドではフィッシュカレーと呼ばれるものが存在します。中に入る魚には、サバ、イワシ、アジなどがある中、さんまもその中に含まれています。本場のものを作る場合にはサンマを仕入れることになりますが、業務用のさんまを通販で仕入れる際の注意点なども知っておきたいところです。

さんまを通販で仕入れる場合、まず個人で注文ができるのかを調べることが大事です。業務用食材を取り扱うところは、企業同士でのやり取りしかしておらず、個人とのやり取りを認めていないケースがあります。せっかくいい商品を見つけたとしても、個人とのやり取りはしていないという場合にはまたやり直しとなります。そのため、通販で仕入れる場合には、そのあたりのことをちゃんと見ておく必要があり、特に通販サイトを通さず、業者が直接やっているような場合には注意が必要です。また、最小のロットを確認しておくことも大事です。わずかな量だけを注文するということができず、大容量でしか注文できないことがあります。そうなってしまうと、家でそれだけの量を作らなければならず、大変なことになってしまうため、そのあたりにも注意です。みんな大好き!さんま。仕入れの際の見極め術を紹介も読みたいですね。

さんまをどのような形で仕入れるかですが、魚を捌くことができる人であれば、さんまを丸々注文し、捌いていくことをおすすめしますが、捌くことができないという人の場合には三枚おろしになっているようなものを手に入れることができます。三枚おろしにするには身の部分が狭いため、実際にこうした加工になっているケースは限られるのですが、非常に使い勝手がいいです。また、本場のものに仕上げるためには大胆にいくつかにカットされているだけのものでも問題ありません。刺身用のさんまであっても、料理の過程で煮込んでしまうことから気にしなくて大丈夫です。普段とは違うものを食べたいという場合には、さんまを入れる一工夫をおすすめします。