魚料理はキスの天ぷらが作れれば1人前

魚料理は比較的簡単と考えている人が多いものですが、その種類は豊富で中には様々な技術や経験が必要なものもあります。その中でもキスは身が小さくさばくのも難しいため、非常に難しい食材の1つとなっています。そのキスを使った天ぷらは非常においしいものですが、これを上手に作るためには様々な技術が必要になることから、これを上手に作れれば魚料理は一人前と考えられていることが多いものです。カツオはタタキだけじゃない!仕入れたくなる簡単美味レシピ3選も読みたいですね。

その難しさは第一に小さなキスの身を上手にさばくことにあります。大きな魚の場合には包丁で簡単に切ることができますが、小さな魚の場合にはその包丁さばきによっては味が崩れてしまい食感が楽しめないものとなってしまうので注意が必要です。また包丁もよく切れる状態にしっかり研いでおかないと身が崩れる原因になるため、しっかり行っておくことが必要です。実際に料理を始める前の準備の段階で既にその差がついてしまうので、これらの準備を始めるところから既に料理は始まっていると考えてしっかり行うことが大切です。さらにキスは小さな魚であるため、はらわたなどをしっかり取り除ききれいにしておくことが大切です。この作業にも十分な注意が必要で、はらわたが残っていると天ぷらにしたときに口の中で違和感を感じてしまいおいしさが充分に楽しめないことになるので注意が必要です。このような下ごしらえをしっかりと行った後で、次は実際の天ぷらにすることになります。

天ぷらを揚げる際にも様々なポイントがあります。小さな魚であるため衣が薄くつけ比較的油の温度を低くして揚げることが大切です。油の温度が高すぎると味が硬くなってしまい、また衣を厚くつけすぎると身が小さいためにキスの味が楽しめません。天ぷらは素材によって衣の付け方や揚げ方を変えなければならない高度な料理であることから、しっかりと注意して行うことが大切です。このように魚料理を初めから作るには非常に難しい手間がかかるものですが、最近では下ごしらえをすでに行っている食材を通販で購入できる時代になっています。特にお店でも使える下ごしらえをしっかり行っている業務用食材が家庭でも人気を博しています。良い業務用の切り身を通販で仕入れるには専門的な知識が必要となることが多いものですが、最近ではインターネット上で様々な通販サイトを比較するだけで簡単に見つかるようになっているため、下ごしらえが難しいキスの天ぷらもこのような業務用食材を利用することで比較的簡単に美味しく作ることができるようになっています。