魚類の仕入れ先はキンキを扱う卸業者を

魚料理を簡単に作るためには、良い仕入れ先を知っていることが非常に重要です。良い仕入れ先を知っておくと良質の材料が手に入るため、下ごしらえが非常に簡単で新鮮でおいしいものを作ることができます。魚介類は鮮度が非常に重要で、新鮮でない場合には様々な下ごしらえが必要になり、素人ではなかなか上手に料理できないばかりでなく、最悪の場合には食中毒などを招いてしまう危険もあるので十分な注意が必要です。

しかし良い仕入れ先を見つける事はなかなか簡単なことではありません。最近は冷凍技術も発達し新鮮なものを冷凍して直送してくれると言う意味では非常に便利な方法ですが、逆に冷凍することで保存期間を長くできると言うメリットも生まれるため、新鮮なものの見極めが非常に難しくなっている実態もあります。冷凍保存は一見日持ちがするようなイメージがありますが、確実にその鮮度が落ちるため、調理した際の味に大きな影響を及ぼしてしまうのです。そのためできるだけ新鮮なものを仕入れることができる卸先を見つけておくことが重要です。

新鮮な魚のおろし先を見つける1つの目安として、キンキを扱っているかどうかがあります。キンキは非常に痛みやすい魚で鮮度を保つためにはできるだけ早く販売しないといけないものですが、冷凍にしてもその鮮度が保てないと言う特徴があります。そのため、キンキを扱う卸業者はその他の魚介類も非常に新鮮なことが多いので、安心して仕入れることができる確率が高いのです。また魚介類の中でも貝類は非常に鮮度が影響するもので、鮮度が落ちると嫌な匂いを発したり味が変わったりしてしまうため、良い卸業者でないとおいしい料理が作れる素材が手に入らないと言う特性があります。そのため回料理などを行いたい場合であっても、良い素材を手に入れることができる卸業者を見つけることが大切です。仕入れの常識!つぶ貝の毒を取り除く下処理と使えるレシピ3選にもあるように、最近では様々な食材が通販で手に入るようになっており、鮮度が重要なつぶ貝なども通販で手に入れられるようになっていますが、良い業務用のつぶ貝を通販で仕入れるには通販を行っている卸業者が鮮度が高いものを扱っているかどうかをしっかりと見極めることが重要になります。一般的に通販を行っている卸業者の場合には信頼できる業者であることが多いのですが、中には複数の流通経路を経由して通販を行っているところもあるため、その経路をしっかりと見極めた上で鮮度の良い業者を選ぶことがおいしい魚料理を作るための最も大切な秘訣といえます。