魚の数え方は状態で変化します

仕入れて便利お客様楽々!骨を気にせず食べられるさんまの開き4選はご覧になりましたか?
観賞用としても食用としても日本人の生活に深くかかわっている生き物である魚ですが、魚を数えるときには匹で言うの、それとも尾でいうの?という疑問を持ったことはありませんか?実は魚の数え方はその状態が変化することで変わってきます。生きている状態、海で泳いでいたり、水族館で泳いでいる姿を数える時には「匹」で数えます。しかしひとたび水揚げされるともはや生き物としてではなく、商品や獲物として数えられることになるのです。つまり、生きている間の数え方は匹ですが、死んで食料になる頃には数え方は変わるということです。
釣りや漁の獲物としての魚は「尾」で数えられることが多いのですが、商品や食料としての魚にはこの段階でその形状や性質に応じて様々な数え方が出現します。例えばいわしやさんまなどの細長いものは「本」、ヒラメやカレイなどの平べったいものは「枚」で数えます。細いものは「条」や「筋」ですし、大きなものは「本」で数えます。イカは海で泳いでいる時には「匹」で数えますが、商品として並ぶときには「杯」で数えます。これはイカの胴体が水などを入れる器の形に似ていることが由来と言われていますが、これは蟹やあわび、タコも同じです。イカと同じ軟体動物であることから同じでよいのではないか、というのが定説ですが、それが正しいかはわかっていません。池で泳ぐ鯉は「折」で数えます。ちなみに生物の鯉ではありませんが、五月の節句に飾る鯉のぼりは「族(もしくは流)」と数えます。そしてマスは生きている時は匹で商品になると本になりますが、60匹あつまれば「石」がついて一石(いっこく)と数えるようになります。このように状態が変わることによって数える言い方もどんどん変化していくのが普通です。
魚は調理する際にも様々は数え方が現れます。アジなどを開いて干物にすれば「枚」になりますし、いわしなどの小さな魚を連ねて干したものは「連」、鰹節などは「本」で数えます。そして中でもまぐろは加工段階によって数え方が豊富な魚です。まぐろを解体していくと、頭と背骨を落とした半身のさらに半分は「1丁」「2丁」と呼ばれますし、ブロック状の肉片は「ひところ」「ふたころ」と数えます。それを短冊状に切り分けると「ひとさく」「ふたさく」と数えます。刺身や握りずしになるものの切り身は「切れ」で数えます。スーパーなどで個別にパック詰めされている状態では1パック、2パックと言う風に呼び方が変わります。